Souvenirs du Japon après une longue absence ~久しぶりの日本滞在~

皆さん、お久しぶりです。

やっと、帰国に関する規制もなくなった日本滞在。

さぁ、やっと行ける、でも、どんな書類がいるのかな?行事は、ちゃんとできるかな?

この数年ですっかり世の中が変わり、仕事のやり方すら、大半が変わってしまった今、様々な不安が沢山ありました。


これまで約20年勤めてきた業務の締めくくりと始まり、数年前から温めていた案件、そして自分のこと。

例えば運転免許書の更新、確定申告、銀行の記帳...…

2年も帰っていないと、しなければいけないことも山積み。

そして、1ヶ月滞在していても、会いたい友人や家族ともゆっくり話をしたいけれど、なかなか時間があるようでなくて……124時間では、足りないもどかしい滞在でした。

今回の日本滞在の大きな目的は、複数の大きな行事への参加。

それらの行事に共通するのは、私の人生の大半を一緒に過ごしてきた「花がそこにあるから」がテーマです。

その行事の一部を是非紹介させてください。

初夏の代表的な花といえば、私にとっては、ラベンダーとひまわり。

そう決定付けたできごとがあるのです。

30代前半から関わってきたラベンダー園と兵庫県小野市のまちづくりとひまわりの丘公園の監修。


その未来のまちづくりの表明でもある、兵庫県小野市の開園20周年という記念行事に、今回、奇跡的に参加することができたのも、今のタイミングだからこそでした。




そして、人生の友と数年前から夢に描いていた「フランスフェア」。

私と一緒に手がけた友人とのイメージだけがどんどん膨らみ、企画がどんどん大きくなって、周囲の皆さんの協力なくてはできなかったと、ご協力ご支援いただいた方に、心から感謝しています。



『奇跡の出逢い』と名付けられたイベント。このイベントを通じて、インスタでしか会えていなかった方々とも、お会いすることができました。


初めてではないような親近感を感じる『奇跡の出逢い』、これまで感じたことのない不思議な感覚は、何なのでしょうね。そして、久しぶりの友人、知人とも、久しぶりに会えることができ、感動の至福のひと時を過ごせました。イベントを半ば忘れ、浮かれすぎてた自分に恥ずかしさもありますが、まだ今も心が熱く楽しかった思いだけが頭に浮かんできます。


(滋賀県TEA TREE GARDENの庭でこの日の為に設えられたランチパーティ会場     協力;ウエリントン wellington-antique.com(京都市伏見区のアンティーク家具店)


                   (テーブルコーディネートも皆で楽しく準備!)




1日目の食事会とラベンダーワークショップは、暑かったものの晴天に恵まれ、おかげさまでイメージどおりの食事会が催しできました。


(No33 チャイフランセを冷茶に)

                (フレンチアンティークのお皿とカームさんのランチ)


しかしながら、2日目。悪夢が襲います。

朝5時に目が覚めた時には、雷から始まり、滝のような雨まで降ってきました。


この時ばかりは、主催者である友人と顔を見合わせ、青ざめてしまいました。

中止にするのか、決行するか。

私たちは、即断を迫られました。




雨嵐の中でのお客様の退避場所、駐車場や駅からの送迎、電車も止まってしまうかもしれない。

全国から来られた方が無事に帰れるだろうか?

いろんなことが頭によぎりましたが、「やるしかない!」と決断。

 

それにしても、今考えると、一心不乱な状況の中、皆が事故なく無事にやり過ごせたことに感謝した1日でした。


半世紀、生きてきても、日々、勉強することばかり。

今回のイベントでも、多くの方に助けられ、そして、反省することも多々あり、友人とは号泣。ですが、「私は一人じゃないんだな」と実感して、今度は嬉し泣き。

やり残してきたこともたくさんありますが、家族や仲間の存在、そしていつもご支援いただいている皆様の存在。

心が温まり、エネルギー満タンの滞在となりましたこと、心よりお礼申し上げます。

未来に向かって、希望とチャレンジ!これからもどうぞよろしくお願いします。


佳代子


閲覧数:100回1件のコメント

最新記事

すべて表示