top of page
  • Chie

Bois des fées

~妖精の住む森~


こんにちは!Chieです。

いたるところで春の花たちの共演が始まりました。

庭にちょっと出るだけで、野草のかわいいブーケがあっという間にできます。



そんな庭の只今の主役は、イングリッシュ・ブルーベル。

ヨーロッパに多く自生するこの花は、フランスでは、「Jacinthe des bois(森のヒヤシンス)」とか、「Clochette(ベル)」などと呼ばれています。



4月から5月、毎年、我が家でも咲き、年々、青紫色の絨毯の範囲が広がっています。

より青さが濃く見える場所を求め、庭中を走り回るのが恒例。

去年は、木蓮さんも見に来てくれました!



ところで、今年2月、30年ぶりくらいに、普段は足を踏み入れることのないエリアの木々を伐採。

その時に、イングリッシュ・ブルーベルの新芽をたくさん見つけました。



青紫の絨毯を期待して待った2か月後。

木の根元に青紫の茂みが広がっていました。

年月をかけて、きっとこのエリアは、もっと青紫の絨毯が広がってくれることでしょう。


その場所からさらに森の奥へと進んでみたら……。

息を飲む美しさ!




もっともっと奥へ進んでいったら、とんでもないことになっていました(笑)

言葉を失うほどの美しさというのは、こういうことを言うのでしょう。



妖精伝説を持つイングリッシュ・ブルーベル。

幻想的な風景の広がるその場所は、夜な夜な妖精たちも集っていそうです。

ピクニックスペースもありますし、ベンチもあるのですから。



とにかく楽しい想像が簡単にできるほど、幻想的な風景。

そんな森に、しばし佇んでみませんか?


イングリッシュ・ブルーベルのある風景。

その伝説とともに、2021年WEBマガジン夏号でも、紹介させていただきました。⇒

是非、そちらも併せてお読みいただけると嬉しいです。



閲覧数:221回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page