• Chie

Histoire de Pierre Lapin dans mon jardin

~我が家のピーターラビットの物語~

『ピーターラビット』は、イギリスの湖水地方の物語。

ですが、ノルマンディーの我が家にも、ピーターと仲間たちがたくさんいます。


ユニークで、好奇心旺盛で、ちょっぴりいたずらっ子な野ウサギたち。

このリアルなピーターラビットたちは、畑の野菜を食べたり、大事に育てている薔薇やチューリップをかじったり(涙)


だけど、この小さな生き物に家族ができ、家族揃って草を食む姿は、なぜか憎めません。

そんな彼らは、我が家の動物たちとも仲良し。

美味しい草を求めて、庭中走り回っています。



さて、そんな彼らとしばしお別れして、ヌーヴェル・アキテーヌの家に戻ったのは5月末。

庭では、すでにラベンダーが咲きはじめ、薔薇はピークを少し過ぎていました。



毎年、この時期は、薔薇の手入れをしながら、花びらを集めるのが恒例です。

これは、1年を通じて薔薇を楽しむための小さな準備。



手作りの薔薇の芳香蒸留水

生の花びらは、すぐに芳香蒸留水や化粧水、コンフィチュールなどに生まれ変わります。


ドライ用は、花びらをさっと洗って水気をとったら、風とおしのいい場所で乾燥させ、ガラス瓶にストックしていきます。

こうしておくと、薔薇のない時期でも、部屋のインテリアや芳香に一役買ったり、コスメや石鹸作り、パンや料理にも利用できたりします。


薔薇から起こした天然酵母で作ったパン

薔薇の香りは、心が華やかになる魔法の香り。

みなさんも無農薬の薔薇が手に入ったら、何か作ってみませんか?

アイデア次第で、普段の暮らしがちょっと楽しくなりますよ。


Salon RustiqueのHPやWEB雑誌2021年夏号(近日発売)では、薔薇を使ったアイデアを紹介しています。

よかったらご覧くださいね。



我が家のピーターラビットたちも、この薔薇の香りを楽しめれば、きっと新芽をかじらないと思うのですが。

43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示