Vin nouveau

こんにちは!Chieです。 みなさん、ワインはお好きですか? 今日は、ボルドー郊外から、新酒の話題をお届けします。 ワイン産地のボルドーとその周辺では、9月下旬、たわわに実った葡萄の収穫が始まります。

 

 

ある日、葡萄畑へと入っていくトラックを追いかけて取材をお願いし、収穫風景を間近で見せて頂けることになりました。

 

そこは、機械で摘み取りを行っていらっしゃる畑。

これが、本当に神業なのです。

葡萄の木と木の間の狭い通路に、大型車がす~っと走り通り抜けていくのです。

走りながら、木をぶるぶるぶるっと振動させます。

 

 

すると、おもしろいように葡萄が一瞬のうちに収穫できるのです。

トラックで葡萄畑を何往復かし、摘み取った葡萄を別のトラックに溜め、いっぱいになると、作業所に運んでいきます。

 

 

さらに、その作業所にもお邪魔させて頂きました。

そこでは、人の手で、傷んだ葡萄や葉っぱ等を取り除いていらっしゃいました。

この丁寧な作業が美味しいワインへと繋がるのですね。

 


二軒目にお伺いした畑は、なんと手摘み!

広大な畑に、ご家族、知人など集まり、大勢の方々で作業をされていらっしゃいます。

よく見ると、小さな荷車を脇に、摘み取った葡萄を大事にそこに置き、そっと葡萄の木と木の間を通っていきます。

日焼けされたみなさんの顔には、収穫の喜びがにじみ溢れていました。

 


見学中、今年は、おいしいワインができそうですか?とお尋ねしたら、

「葡萄を食べてごらん」

と、1房くださいました。

意外と甘い!


美味しそうなワインができそうですね~と答えると、ムッシュの顔はとても誇らしげでした。



さて、収穫風景を至る所で目にするようになると、街のCaveでは、新酒Bourru(ブリュ)の看板が張り出されます。

ブリュは、発酵が始まったばかりの微炭酸の飲み物。

甘く、香り高く、とても飲みやすいのですが、アルコール。

プロの手で熟成させるとワインになります。



Caveでこのブリュを買うと、お店の方に、

「家に帰ったら、蓋に穴を開けてくださいね。忘れると冷蔵庫の中で爆発しますから!」

と忠告されます。


常に発酵しているので、ガスが溜まると危険なのです。

美味しく飲めるのは、買ってからわずか一週間程度。




焼き栗と一緒に食べると最高に美味しいです。

地元民にとってこのブリュは、秋を告げる風物詩です。




281回の閲覧2件のコメント

最新記事

すべて表示