• 木蓮

Web Magazine pour Noël

こんにちは!木蓮です。


フランス(もしかすると、オーヴェルニュだけ?)は一気に冬モードに突入し、ぶるぶる震える季節がやってきました。

 

皆さんは元気にお過ごしでしょうか?

 

私はというと、あと少しで発売予定のWEB雑誌の編集に追われまくっています。

実はこの「Salon Rustique」のサイトデザインや、今回のWEB雑誌も、誰かに依頼するわけではなく、自分の好きなものを表現したい!という思いで作りました。


そのため、敢えて?苦難の道を……(笑)


今回の表紙は、皆さんから圧倒的に人気があったコチラを採用しました。


内緒なのですが、実はキャラメリゼした洋梨のコンポートは2個しか作らず、並べてみると、内心3個にすればよかったな~と......。

後の祭りとはこのことですね(笑)


自分でお菓子や料理、アレンジメントを作り、ディスプレイして、写真を撮る。


子供の頃から、様々なことを学んできましたが、こうやって、自分自身の世界観を作りこむのは本当にインスピレーションが必要で、ものすごく体力も必要になります。

ですから、多くの作家さんたちを応援したくなる気持ちでいっぱい!


同じような産みの苦しみをもっているからです。


昔、大阪梅田地下の大きなショーウインドウケースのディスプレイをしましたが、「ショーウインドウの世界」は、普段の暮らしとは違う、いわば「少し背伸びした夢の世界」であって欲しいと考えていました。


だからこそ、森の中を表現していたのですが、今思うと、不思議なほど現在暮らしている環境そのものだな~としみじみ感慨にふけることがあります。





今回は、少しだけノエルのアルザスの様子もお伝えしています。

もちろん、我が家の森も出てきますよ~!


内容はすべて日本語で書かれていますのでご安心を!

ですが、私のポリシーとして、なかなか手に入りにくい『外国の雑誌』のイメージにしたかったのです。ほんの少しでも、皆さんのインスピレーションの一つとなりますように!


もちろん、この季節に使いやすい『ノエルで使えるフランス語のメッセージ』も入れています。今後、作家さんたちが困った時に使える言葉を載せていけたらなと思っています。


旅も好きですが、インテリアも大好き!


そんな思いで、外出制限の隙間をぬい、Kayokoさんと2人で必死で撮影してきたフランス人の家も紹介させていただきます。もちろん、Kayokoさんの自宅の様子も。

素晴らしい夢の世界なので、お楽しみに!






500回の閲覧2件のコメント

最新記事

すべて表示