fete du cidre5.JPG
Salon Rustique
~french country style~

 

Une baguette faite avec de la levure naturelle

telle que conçue par les Japonais vivant

en France.
Nous pensons aux réserves annuelles de fruits

et légumes du jardin.

​Essayez de faire les recettes françaises !

La fête du cidre

fete du cidre8.JPG

La fête du cidre

​(シードル祭り)

10月下旬から11月上旬頃、ノルマンディー地方のあちこちの街や村では、シードル祭りで活気づきます。
そんな中、2019年10月、Beuvron-en-Auge (ブーヴロン=アン=オージュ村。以下「ブーヴロン」といいます)を訪ねてみました。

Histoire
fete du cidre12.JPG

ブーヴロン村は、フランスの最も美しい村の1つ。花の村でもあります。

コロンバージュ(木組みの家)のかわいい家々が並び、メルヘンな世界へと誘う素敵な村。

祭りが行われた日、広場には、昔ながらのシードル作りの道具が並べられ、トラックいっぱい、うず高くりんごが積まれていました。

fete du cidre11.JPG

ちょうど私が訪れたとき、子供向けのワークショップが始まるところで......

「やりたい人、いますか?」

シードル作りの第一関門、りんごを粉砕するというミッションへの参加要請です。

子供たちが一通り体験したあと、大人の参加もOKとのことで、私も立候補。

子供たちが廻していたハンドル部分は、意外と重くて大変。

息が切れました。

下の写真にあるように、茶色の箱状の部分に、大量のりんごを入れてハンドルを廻すと、下からりんごが細かくなって出てきます。

fete du cidre6.JPG

ついで、ミッションその2へと続きます。
粉砕したりんごを圧縮して、ジュースを絞る作業です。
このワークショップへの参加者には、優先的に絞ったジュースが飲める特典付きということもあり、広場はあっという間に黒山の人だかり。
住民たちに交じり、観光客も参加できるこうした催しは、やはり楽しいですね。

fete du cidre8.JPG
fete du cidre9.JPG

頂いたジュースは、りんごのさわやかな香りと濃厚な味わいとで、最高に美味しい!

シードルになったら、このジュースがどんな味になるのかしら。

期待が高まります♪

fete du cidre10.JPG
fete du cidre13.JPG

村の駐車場に向かう途中には、数多くのりんごの木が植えられ、その一つ一つに品種が書かれているほど、大切にされているりんごの木。
地面にたくさん落ちているりんごを一つ食べてみました。
シードル用のりんごは、小ぶりで皮が厚いので、食べても美味しくないと言われていますが、意外とおいしい!
そう知った秋の一日でした。

PA213234.JPG

コロンバージュの家とりんごの赤が醸し出すかわいい雰囲気は、秋ならでは。
是非一度、ブーヴロン村を訪ねてみてください。
本場のシードルを味わいに。

​(Chie)

Autres…

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

さて、村には、かつてシードル作りに利用していた石臼が今なお残っています。

さきほどのミッション2に関係しますが、昔は、この石臼を馬が引き、人に代わって廻してジュースを絞っていたそうです。それほど重労働だったわけです。