lourmarin4.jpg
Salon Rustique
~french country style~

 

Une baguette faite avec de la levure naturelle

telle que conçue par les Japonais vivant

en France.
Nous pensons aux réserves annuelles de fruits

et légumes du jardin.

​Essayez de faire les recettes françaises !

Crème au romarin

lourmarin1.jpg

​Crème au romarin

​太陽の光をいっぱい浴びて、ローズマリーがぐんぐんと育つ季節。
満月の日にローズマリーを摘んでエキスを抽出し、アンチエイジ対策クリーム作りを使ってみましょう。


満月は引力が均等にかかるので、植物全体に体液が満たされています。
そのため、チンキを作るときも、有効成分を効率よく抽出できるのでは、と私は考えています。

Recette

ローズマリーに含まれているウルソール酸。

抗炎症作用や美白作用が期待できるところ、その抽出はとても厄介。
水にも油にも溶けず、融点は280℃以上と高温なのです。
そこで、高濃度のエタノールで成分を抽出し、ワセリンにその成分を溶かして作る「ローズマリー軟膏」を作ります。
このローズマリー軟膏だけですと、べたべたして使いづらいため、好みのオイルやシアバター等と混ぜてクリームを作ると、使いやすくなります。

romarin1.JPG

【準備するもの】

​*煮沸した広口瓶 1個
*煮沸した細口瓶 1本
*クリーム保存用容器 1個
*マドラーかスプーン 1本
*ドライのローズマリー 広口瓶の1/2から1/3に入る程度
*無水エタノール
*コーヒーフィルター 1枚
*ビーカー等のガラスの瓶 1個
*ワセリン
*お好みのオイル
*シアバター

【作り方】

1. 煮沸した広口瓶の1/3から1/2にローズマリーの葉の部分を入れ、瓶の縁いっぱいまで無水エタノールを注ぎます。

2. 冷蔵庫で保管しながら1ヵ月ほど、毎日1回瓶を振ります。

3. これをコーヒーフィルターでろ過し、細口瓶に入れて、ローズマリーチンキ完成。
細口瓶がなければ、ジャム瓶などの広口瓶でOK。このチンキは1年間、冷蔵庫で保存可能。

4. ビーカーや広口のガラス瓶に、3 のチンキとワセリンを同量入れて、アルコール臭が消えるまで湯煎します。

5. 4のローズマリー軟膏に、シアバターを加えて湯煎して溶かしたところに、お好みのオイル(ホホバオイルなどのキャリアオイル)を加えてローズマリー軟膏完成。
配合割合の基本は、ローズマリー軟膏(1):シアバター(1):オイル類(2)
*( )の数字が割合です。

6 火からおろして、5分に1回くらいかき混ぜ続ける。もたっとした感じになったら、保存瓶に移して完成。
*その状態からさらにかき混ぜ続けると、ふわっとしたクリームになります。

​(Chie)​

romarin3.JPG
Point

夏場と冬場、またご自身の使用感で、オイルやバター類の配合割合を変えてみてください。
日持ちはしませんが、6に、化粧水を数滴加えてよく混ぜると、軽い仕上がりになります。

しかし、乳化ではないので、よく混ぜて冷蔵庫に保存ください。

lourmarin3.jpg
Attention !

1. 無水エタノールで抽出したローズマリーのチンキの保存期間は、冷蔵庫で1年。

2. ローズマリー軟膏の保存期間は、冷蔵庫で1ヵ月。

3. クリームの保存期間は、冷蔵庫で2週間

4. 肌の目立たないところでテストしてから、顔にご使用ください。

5. 軟膏も完成したクリームも、直接触れずに、スプーンや綿棒でとるなどして、雑菌が入らないよう工夫してください。

Autres…

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.