clafoutis2.jpg
Salon Rustique
~french country style~

 

Une baguette faite avec de la levure naturelle

telle que conçue par les Japonais vivant

en France.
Nous pensons aux réserves annuelles de fruits

et légumes du jardin.

​Essayez de faire les recettes françaises !

Clafoutis aux cerises

clafoutis4.jpg

Clafoutis aux cerises

(さくらんぼのクラフティ)

クラフティは、フランス、リムーザン地方の伝統的なお菓子。

ですが、中央部にある私が住むオーヴェルニュ地方でも非常によく食べられる一品。

一家に1つレシピがあると言われるほど、各家庭のレシピがあるのも特徴で、クラフティ自慢があるほど。

​基本は卵、牛乳、砂糖、小麦粉を使い、プディングのような食感になります。タルト生地の上にさくらんぼを敷き詰めるレシピが多いですが、私はタルト生地を使いません。他にもリンゴやクランベリーなどのフルーツを使って楽しむこともできます。(*今回のレシピは、小麦粉は使いません)

Recette
clafoutis5.jpg

さくらんぼのクラフティ

 

【材料 4~6人分】

*直径25cmくらいの耐熱皿かそれに近いもの、もしくはスフレ(ココット)型 4~6個

*アーモンドプードル 100g

*砂糖(できればカスナードやてんさい糖) 150g

*コーンスターチ 20g

*全卵4個+卵の黄身2個

*生クリーム 60g

<さくらんぼの処理用>

*さくらんぼ 400~500g

*無塩バター 30g(室温に戻しておく)

*粉糖 50g(ただし、甘いさくらんぼの時は必要なし)

*エルダーフラワーコーディアル 大さじ1(ない場合は、ローズシロップ、もしくはラム酒で代用)

【作り方】

1.  オーブンを200度に予熱します。

2.  卵を割り入れ(4個+2個は白身と黄身を分け、黄身のみ使用)よく混ぜます。

3.  ボウルに砂糖、アーモンドプードル、コーンスターチを入れ、そこによく混ぜた2を入れ、さらに混ぜ合わせます。

4.  続いて、生クリームを少しずつ回し入れ、しっかりと混ぜ合わせ冷蔵庫で寝かせます。

5.  フランスでは、基本的にさくらんぼの種を抜きませんが、気になる方は最初に種を取ります。次に室温に戻したバターと粉糖を入れしっかり混ぜ、最後に香りづけのエルダーフラワーコーディアルを入れ軽く混ぜ合わせます。

6. 耐熱皿にまず4を入れ、上から5を生地の上に乗せていきます。

7. 200℃のオーブンに入れて焼きます。ココットの場合は約15分~20分。耐熱皿の場合は25分~30分。しっかり焼きます。

​(木蓮)

P6078756.jpg

さくらんぼにしっかりと下味をつけてあげるのが私の作り方。

​ローズシロップで時には華やかに、エルダーフラワーコーディアルで爽やかに、ラム酒でちょっと大人っぽい仕上がりになります。

P6078774.jpg
Point

1. クラフティを作る際、果物の水分量には十分お気をつけください。

例えばラズベリーなど水分の多い果物を同じ量使うと、生地を焼いても固まりません。(時間を増やしても固まりません)

その場合、果物は半量にし、処理用の砂糖やバターを使う工程は抜かしてください。

​2. 焼き加減はお好みで。プリンのような柔らかい触感がいい場合、5分ほど早く竹串を刺し、焼き加減を見るようにしてください。しっかり焼いた触感がお好きな方は、約20分を過ぎた頃に、アルミホイルやペーパーシートなどで表面を焼きすぎないよう上部をカバーするようにしてください。

Bon Appétit  !!

blog2.jpg

こちらは、タルト生地を使ったプルーンのクラフティ。非常にオススメです。

Autres…

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.